【出金できない?】海外FXを利用する前にしっておくべきこと

海外FXは日本のFXとはルールが違うところがあります。

MT4を使った取引や必要証拠金の違い、ロスカットのルールなど知らずに飛び込むのはよくありません。

中には調べながら進めていく方が身につくという方もいますが、あなたのお金を使って取引するので最低限のルールは知っておくべきでしょう。

今回は海外FXを使い始めた人で以外とあるのが勝ったお金を引き出せない?といったトラブルです。

海外FXを始めたての人はこれで詐欺だとか騒ぐ人も中にはいますが、それはルールを知らないだけだからです。

本当に基本的なお話ですが海外FXの出金について簡単にまとめてみました。

怪しいFX会社は利用しない

これはまず最低限の条件です。

私が利用して紹介しているXMとHotForexに関しては詐欺なんてもちろん出金拒否はありえません。

【2020年最新版】プロが使う至高の海外FXブローカー2社をご紹介【オリジナルプレゼントあり】

海外FXの会社は多数ありますが、他のブロガーでは聞いたこともない会社をおすすめしていることもあります。

世界的にメジャーな業者かつ出金拒否などされない業者を使いましょう。

クレジットカードは必須

日本のFX会社ですと入金する際はクレジット以外にも銀行振込に対応しているところがほとんどです。

しかし海外のFX会社ですと日本のように口座振込は国際送金になるため面倒なのであまりおすすめできません。

入金の際はクレジットカードか後にも紹介するbitwallet(ビットウォレット)を利用するのが一般的です。

クレジットカードでしたら入金も即時反映されますし、入金した同額までは出金が可能となります。

ここでうん?と思う方もいるかもしれません。

同額までは出金可能?

クレジットカードへの出金は入金した同額まで可能

海外FXの会社のルールとして入金した方法と同じ方法で出金をしないといけないというものがあります。

例えばクレジットカードで10万円入金した際は10万円までしか出金できないというものです。

なぜ同じ額までしか出金できないかというと出金の際は入金した額をキャンセル扱いにして返金してくれます。

そのため10万円入金したら10万円までしか出金できないという理屈になるのです。

それだと10万円入金で20万円まで増やしても出金できないと思うかもしれません。

でも安心してください。

入金額以上に増やした場合の方法もちゃんと用意されています。

それがbitwallet(ビットウォレット)です。

海外FXにおいてbitwallet(ビットウォレット)は必須

ビットウォレットとはシンガポールの会社が運営する国際的なお金の送金などを安価に実現できるサービスのことです。

bitwallet(ビットウォレット)

多くの海外FXの会社が入出金方法として採用しています。

一応、XMの場合は国際送金も用意されていますが対応する日本の銀行が限られていたり銀行側から確認の電話があったりと手間です。

ビットウォレットなら日本語の専用画面から日本の銀行口座に振込も可能です。(名義は同一である必要あり)

便利なビットウォレットですが、本人証明がかなり厳格なのでもし登録がまだの方は早めにしておいた方がよいでしょう。

免許証や住所を示す水道料金の明細など求められます。

しかし一度登録しておけば今後の海外FXでの入出金においても役立ちますのでおすすめします。

海外FXの基本的な仕組みは知っておくべし

私の推奨しているXMとHotForexは海外のFX会社ですが、日本語対応されていて使い方に困るということはないでしょう。

もし使い方が分からない場合でも公式サイトや検索すれば情報はいくらでも出てきます。

実際にFXを始めるなら自分のお金を使うという事は意識しておいてください。

競馬や競艇を初めてする場合でも最低限のルールや賭け方は調べてからするのと同じです。

使う額もそれなりのものに基本的な仕組みも分からず飛び込むのは無謀というしかありません。

裁量トレードでハーモニックパターンやプライスアクションを学ぶ場合ははるかに難しいです。

新しい分野を学ぶのが好きでこれらの知識も楽しんで覚えれる人は裁量トレードに向いています。

逆にこれらの事を見るのも面倒で少しでも楽をしたいという考えなら自動売買をしている方がましです。

ただし、自動売買の場合も市況のタイミング、リスクヘッジなど最低限の知識は必要です。

世の中に楽して稼げるみたいな話は数多くありますが、大抵は誇大広告もいいところです。

人生を変えたいほどではないですが、今の収入だけでは先行きも明るくないという方は裁量トレードを極める、もしくは自動売買で副収入を得たいと思うならそれなりの覚悟は必要です。